• ネット上、特にセフレ無料出会い系サイトにはいくつも共通の言葉というものが使われています。一部それらを頻繁に使う人たちの間ではあたかも業界用語のように、特別な言葉として使っているようです。

    しかし、実際には業界用語というものではなく、ただ単に略語であったり、英語を使っているだけだったり、普通に使っている言葉だったり、そんな言葉を何故か特別な用語と思い自分たちだけの特別なものとして使っているような人もいるみたいです。ただ、ネット社会はいろんな人がいますから、そんな使い方はしない人もいるでしょう。ただ、ネットの中でも出合い系サイトという小さな空間では、共通した言葉の存在はいろいろなことで意味のあるものなのでしょう。

    写メ、即アド、即アポ、直メ、直アド・・・普通に携帯で使いそうです。チャット(おしゃべり)、レス(レスポンス)、プロフ(プロフィル)・・・パソコン全般で使うでしょう。
    JK(女子高生)、JC(女子中生)、サクラ、ネカマ、セフレ、ヤリ友・・・アダルト系でしょね。ほかにもいろいろとあるでしょうが、確実にいろんなところで使われているもので、出合い系限定というものはなさそうですね。という事は、業界用語という事でもないでしょう。

    そもそも、業界用語とは、その業界の独特の言葉であるわけで、言葉と意味が直結している事はあまりないですね。それに略語と業界用語とはちがう。勿論、業界用語として使っているような人はいないでしょうが、それを見て業界用語だというように盛り上げようとする周りが微妙に寒いですね。出会い系を特別なものとしようとでもしているのでしょうか。
    そんな呼び名の問題はともかくとして、どういった言葉を良く使っているかということを知ることは、実態を把握する上でも役に立ちます。基本的に略語ですから、特に知っていなくてはいけないようなものはないかもしれませんが。

  • 学生にとって「セフレ」というと、どんな印象を受けると思いますか?もしそんな関係が友達にバレてしまったら、モラルを疑われたり、大変なことになるかも知れないなど、面倒くさいなんて思うかも知れません。
    でも、もしも、共通の知り合いもいない全く未知の相手だったらどうでしょうか? 友達に知れ渡ったりすることもなく、自由な気持ちで会うことができます。
    学生のときというものは、若いわけで、特に男子学生にとっては、毎日セックスしたいというのが本音ですよね?それにも関わらず、彼女がいなかったり、彼女と別れたばかりだったりしたら、一人でオナニーするしかないのかも知れませんが、それだって本当は虚しいわけです。
    次に彼女ができるまでのつなぎにしても、本物の女性とセックスできたら、その方がいいと思いませんか?だから、出会い系サイトなどで、そういう相手を募集してみるのは、ひとつの手ではないかと思うのですが、いかがでしょうか?女性だって彼氏と別れたばかりで肉体的に寂しいという人だっているのです。
    こういう女性と知り合えば、お互い欲求を満たし合うことができるので助け合いにもなりますよね?セフレは一時的な関係が多く、あまり長くは付き合わないのが普通ですが、それでも中にはあまりにもカラダの相性が良すぎてお互い離れられなくなるというケースもあります。
    そういうときは、スタートはセフレでも、彼女にしてしまえばいいわけです。
    どうですか、セフレってなかなか良いものでしょう?

    注意しないといけない時代

    sefukeiji (8)女性は出会い系サイトではいろいろな不安を持ちます。というのも、どういう男性と出会うかという心配です。
    現在、いろいろな犯罪も起こっています。また、出会い系サイトで知り合った同士の殺人なども、ニュースになることがしばしばあります。
    その半面、幸せな結婚をしたという話も、どんどん増えています。
    つまり、出会い系サイトでも、二極化されているというか、男性、女性の質を求めるものも、いろいろになってきているようです。
    例えば、セフレ募集ということでなく、しっかりとした交際を考えている相手を募集しても、だからといって質がいいわけでもあります。
    ただ、セフレ募集の男性と付き合うよりは、安全かも知れません。
    また、サイトにもいろいろな問題があります。
    サイトによって、集って来る男性の質が違う傾向はあります。
    すべて、絶対はなく、また、出会い系サイトが悪い訳ではなくても、これだけ出会いが出会い系サイトで行われるようになってくると、何かあっても出会い系で出会ったというふうに、出やすいこともあるでしょう。
    どちらにしても、危ない人間も潜んでいますので、それはそれとして注意は必要になるでしょう。
    そして、その先は2人の問題となるのでしょう。
    ここまでくると出会い系サイトが、どうこうということではないかも知れません。
    このような時代になると、出会い系サイトというのも一つのツールであり、どんな出会いでも問題のある人間も、いるということを注意するべき時代だといえますね。

  • 彼女や彼氏を作りたくてノエルを利用しているという人はかなり多いのではないでしょうか?ただ中にはどのようにすれば彼氏や彼女を作ることが出来るのかが分からないという人もいるのではないでしょうか?出会い系サイトは相手と面と向かって話をするわけではないのですので相手がどんな人なのか分からないから少し怖いと感じている人もいると思います。
    ノエルは会員数も多いので彼氏や彼女と作ることが出来る可能性は高いのですがチャンスを見逃してしまうとなかなか相手を見つけることは出来ません。
    ではどのようにしてチャンスを手に入れるようにすれば良いのでしょうか?まず誠実さを前面に出すようにしてください。
    相手が男性にしても女性にしても恋人を求める人にとって誠実さというのはかなり重要な要素となっています。
    誠実には見えない相手を恋人にしたいと思うような人がなかなかいないでしょう。
    軽い感じの口調で彼氏や彼女を探そうと思っても、寄ってくるのはセフレなどを求めている人たちなのが関の山でしょう。
    ですので相手に誠実さが伝わるような文面にして相手からの印象を良くするようにしてくださいね。
    またピュアであるということも相手に伝わるようにすることも大切です。
    ブリっ子のフリをしろということではありません。
    どれだけ純粋に恋人を作りたいと思っているのかを相手に伝えるようにしてくださいね。
    相手も真面目に長く付き合える人を探しているわけですので、不純な出会いを求めていると思われてしまっては終わりです。
    ですのでピュアだということをきちんと相手に伝わるようにしましょう。
    また最初から恋人になって欲しいという感じのメールをしてしまうと相手はドン引きしてしまいます。
    お互いのことが分かっていないわけですので相手も恋人を作るために出会い系サイトを利用しているとはいえ、警戒をしてしまうのがオチです。
    ですのでまずは趣味やお互いのことについて話をするようにして徐々にお互いのことを理解をすることから始めるようにしてくださいね。
    共通点などを探すようにして、その共通点を中心に話をするようにすれば相手も徐々に話をするようになってくれるでしょう。
    まずはこのようにお互いの距離を縮めることに集中をするようにしてくださいね。

    お金を掛けずセフレをゲットしよう

    sefukeiji (4)セフレを持つには女性にもてる必要があると思っていませんか。
    もちろん女性にモテている人間にとっては、セフレを作ることぐらい簡単なのかもしれません。
    だからといって、セフレを作るためにはモテる必要があるのかというと、そうでもない時代になってきているのです。とはいっても、モテるということはそれだけ魅力的なのですから、モテない人よりも優位にある事は確かです。
    見た目の魅力には中々敵うことは出来なくても、セフレであればそれ以外の魅力で勝負すればいいのです。
    セフレを欲しいと思っている人におすすめのサイトが「無料セフレサイト」なのです。
    現実では顔が良ければ一目惚れをしてもらえるといった事もありますが、こういったネット上のサイトであればそういったこともあまりありません。
    だからこそ、普段モテているかどうかに関係なくセフレを見つけることが出来るようになるのです。
    利用する為に必要なものは、インターネット環境になりますが、PCを持っていなくても携帯電話でも問題ありませんから、始めやすいのではないでしょうか。
    しかも、無料と名前に付いているように、お金の心配をしなくてもいいのが便利なところです。
    もちろん、セフレを探すための専用のサイトですから、女性で利用している人たちも皆さんセフレを探しているのです。
    こんな状況には普通の生活をしていては、中々出会うことはありません。
    セフレとの関係は、恋人とは違いますから、変に気をつかう必要も無いのです。
    そしてセックスの相性こそが、お互いの関係にとって重要なものになるのです。
    だからこそ、普段モテているかどうかに関係なくセフレを見つけられるとも言えるのです。
    あなたもこのサイトを利用して、セフレ探しをしてみてはどうでしょうか。

  • sefukeiji (5)メル友というワードは、今ではあまり使われなくなったという人も多いでしょうが、まだちゃんと存在しています。
    メールでコミュニケーションを取る友達という意味のメール友達を略したものです。
    この単語が社会現象として取り上げられていた時にはただ言葉だけが先行していたというようなイメージもありましたが、最近ではメル友という関係が珍しくないものになったため、特に「メル友」という言葉を利用しなくなってきているようです。
    最近では、メル友という人間関係について抵抗感を持つ人というのが減少している傾向にあるようです。
    メールだけでもコミュニケーションをして友達になっているという事実には代わりはないのですから、これをセフレを作るために利用できるのではないか、と考えることも不自然ではないようです。
    現実、出会い系サイトを利用している人でも「メル友から」と相手を誘っている人は少なくないのです。
    メル友だったら大丈夫かな、と思えるような気軽さというのを利用しているものと思われますが、実際に言葉通りメル友だけの相手を募集している人もいます。
    逆に、セフレという言葉は、セックスフレンドの略称ですから、セックスのみをするための関係のことを指しています。
    恋愛や結婚という関係をなしにセックスだけをやりたいと考えている人は沢山いるため、同じ目的の男女が互いの利益のためにセフレになるのです。
    次は、メル友として気軽に始めた関係が、セフレへと変わっていくプロセスを例を交えてみていきましょう。

    それぞれの好みの女性

    女性の好みもいろいろあると思いますが、その中でもいつも人気になるのが巨乳の女性ではないでしょうか。
    男はいつの時代も巨乳に対しては好意的に思っている人が多いようです。
    そういった巨乳の女性と、出会い系サイトで出会うことができ、しかもセフレになったという体験談を紹介したいと思います。
    その女性というのは、出会い系サイトでメールのやり取りをしている時から、普通の女性とは違った反応があったのです。
    それもうれしい反応で、相手の方からどんどんとくるような感じがありました。
    話の中でも自分の身体に自信があるから、見せたいといった願望もあるようで、約束などもどんどんとスムーズに決まっていったのです。
    こんなに簡単に約束できるとは思っていなかったので、実際に約束の場所に行った時も、相手が来るまでは半信半疑だったのです。
    ですが、実際に約束の場所に彼女はやってきましたし、身体に自信があるといっていた意味も一目で分かったのです。
    その彼女は見た目は今風のギャルといった感じだったのですが、その胸の大きさは一目で分かるほど巨乳だったのです。
    しかも自信を持っているせいか、隠す感じの服装ではなく強調する感じの服装でやってきたのです。
    その彼女とセフレにはなれたのですが、長く関係が続くことはありませんでした。
    私とのやり取りもスムーズに進みましたが、同じように別の男性との話も進んだらしく、すぐに別の男性の所へ行ってしまったのです。
    自分の巨乳に自信を持っている女性は少ないようですが、この彼女は素晴らしい巨乳でした。

  • まずは覚えておくべき二つのルールがあります。
    ・その1 相手が恋愛の感情を持つまでは、セックスだけの関係を維持する
    本当にセックスだけが目的の男性は、すぐに別の女性に切り替えるはずです。
    したがって、同じ女性と長くセックスだけの関係を維持していると、いずれ恋愛の感情を持つはずです。
    そうなればいずれ男性の方からあなたに恋愛関係を求めるようになるかもしれません。
    しかしそのためには、相手の男性が他の女性に乗り換えないようにしなければなりません。
    したがって男性に自分といることによって、負担を感じるように思っては駄目なので、必要以上に彼に色々と要求しないことです。
    ・その2 男性をある程度自由にさせる
    男性と常に一緒にいたいがために、やたらと束縛する。
    これは一見彼を強く愛しているように見えますが、男性側にとっては、むしろ非常に迷惑に感じるだけなのです。
    相手を束縛して別れを切り出されるのは、自分だけのものにしたいという気持ちが、前面に押し出されてるからです。
    sefukeiji (6)モデルのような男性や、資産家のお坊ちゃまをゲットできたら、大半の女性は彼を手放したくないと思うでしょう。
    1日3回以上電話することを義務づけたり、1週間で最低3回は会うように言ったりするのです。
    とにかく相手の男性をとことん束縛するのです。
    しかしモテル男性ほど、束縛されるのを嫌うので、このような女性は真っ先に切られます。
    その結果、単に遊びに付き合わされただけになってしまいます。
    もしあなたが、このような束縛したい気持ちがあれば、残念ながら束縛を好む男性を探すしかありません。
    まあ束縛を好む男性のほとんどは、あなたの理想とはかけ離れているとは思いますが。
    要するに大事なのは、最後に彼をゲットできればいいのです。
    そのためには他の女性に乗り換えられない範囲で、男性を自由にさせましょう。
    そして、彼と正式な恋愛をするまでは、2人でいることを周囲には黙っておきましょう。
    いらぬ噂が流れないように。

    あまり期待しすぎないこと

    セフレは、セフレサイトなどを駆使することで見つけて関係を持つようになるというような人も多くいるようですが、もちろんすべての人が同じようにしてうまくいくというわけではありません。
    中には失敗する人もいるでしょうし、いつまでサイトを使っていてもセフレをつくることができないというような人もいるでしょう。
    まして、セフレサイトのようなところは悪質な詐欺まがいのサイトも多いですし、サクラなどのことを考えても十分に出会いができるかということに関しては疑問が残ります。
    しかし、その中に本当に出会いを求めている、セフレになりたいと思っている女性が存在しているということも事実でしょう。
    だからこそ、その女性を運良く見つけることができた男性だけが、セフレという関係を手に入れることができているのです。
    少し考えればわかるかもしれませんが、女性が堂々とセフレを募集しているということを言うでしょうか。
    セフレを募集している女性は、あまり活動的ではないものです。
    そして、セフレになってもいいと思っている女性はいても、それを宣伝して積極的にセフレをつくろうとしているような女性も少ないということです。
    だからこそ、男性の行動力というものが必要になってくるということなのですね。
    あまり、積極的な女性ばかりに気を取られてしまいがちになると、それはサクラという可能性ももちろんありますから、そればかりに惑わされて本物の女性と出会うことができないのです。
    男性に求められているのは、自分から積極的にメールを送ることによって、本物の女性を見つけ、その女性と仲良くなるということなのです。
    そこからは、男性の実力次第で、セフレの関係に持っていくことも十分にできるのではないかと思います。

  • 昨日の夜は激しかった。
    女も無性にセックスしたくなるの。
    あたしは、生理前なんか特になんだけど、一人でオナニーしてると、結局本当の男の人とやりたくなっちゃって、手っ取り早く相手を見つけるならやっぱ出会い系かなーって、すぐ書きこんじゃうんだ。
    何人かセフレもいるけど、すぐヤリたい!って時にすぐ捕まらないから、そんな時はやっぱ出会い系が一番早い。で、昨日もとにかくすぐにヤリたくて掲示板に書き込んだの。
    「今すぐ犯して」って。
    そしたらすぐに相手がみつかって、迎えに来てくれるっていうから待ち合わせたんだ。
    車で迎えに来てくれたからそのままホテル行くんだろうなーって思ったら、「俺一人暮らしだし、金欠だからホテルじゃなくて俺んちじゃだめ?」っていうから、とりあえずヤリたいだけだし、好みのタイプだったから、その彼のおうちに行っちゃった。
    すごくおしゃれで綺麗にしてるマンションだったから、ホテル行くより良かった。
    そしていざシャワーを浴びて出てきたら人数が増えてる!彼の友達2人が他の部屋に隠れてたみたい。
    「オネーサン犯されたいんでしょ?」って、3人の男の子達に代わる代わる挿れられて。
    人生初の4P!最高に気持ち良すぎて、ドMのあたしはずっとイキっぱなしだった。
    帰る頃には腰ガクガクだったんだけど、もちろんちゃんと家の近くまで車で送ってくれたし。
    出会い系はこういう楽しいハプニングがあるからクセになっちゃう♪

    セックスさえできればいい?

    sefukeiji (7)セフレでいることって女として自慢出来ることなんでしょうか。
    私にはイマイチ理解出来ないのです。
    友人に、二人のセフレ男性と付き合ってる人がいるのですが、すごく自慢気なんですよね。
    あたかも私はモテるのよって感じで周りに隠すことなく公表しているのです。
    私からしてみれば、ただの都合の良い女ののように見えるのですが、最近の日本の風潮はそうではないのでしょうか。
    雑誌のアン・アンなんかにはセックスで女性はきれいになるみたいなことがよく書かれていて特集も組まれていますし、小中学生が読むような雑誌でも最近ではそのような記事がたくさん目につきます。
    性教育というよりはセックスを楽しもうみたいな感じがするのは私だけでしょうか。
    テレビでも女性の専門家とやらが出てきて、セックスについて雄弁に語ったりなんかしていますしね。
    かつての日本はこんなオープンではなく、恥じらいを美としていたはずなのですが、こんなことで良いのでしょうか。
    私のように感じている人が今の日本には少ないのだろうと思うとなんだか怖くなりますよ。

   

Recent Comments